ダイエット豆知識 お水が一番大事

 

皆さんこんにちは。今回はダイエットにどのくらいお水が大切なのかを解説していきたいと思います。

 

人が生きていく上で水は必要不可欠ですよね。しかしただ飲んでいるだけではなく、飲む量やタイミングを変えて飲んでみるだけでともてダイエットに効果的です。

 

水分をとるならコーヒーやお茶、ジュースでもイイんじゃないと思うかもしれませんがそれでは意味がありません。人間の体の水分はコーヒーやお茶などでできてはいませんよね?

体をリセットし健康的にしてくれるのは水なので水分補給のときはなるべく水を飲むようにしましょう。

 

 

まず、個人の体重によって1日の水分を取る量は変わってきますが「体重の4%」の量を飲むことが理想になっています。

たとえば体重50キロの人は2.2リットルの水を飲むのが理想量になっています。でもいきなり2キロ近い水を1日で飲むのはとてもキツイものがありますよね。

 

なので最初は、水を飲むタイミングから変えてみましょう。

 

まず、朝起きたらコップいっぱいの水を飲みましょう。

ポイントなのが冷たい水ではなく常温の水を飲むことです。胃の中に何もはいっていない状態で冷たいものを飲んでしまうと身体はびっくりしてしまいお腹を壊していまう可能性があります。

寝起きの最初に水を飲むことで胃腸を刺激して寝起きの気分をスッキリさせてくれます。

さらに水を飲むと腸のぜんどう運動が活発になり、便が出る手伝いをしてくれます。

 

次に食事の前に水を飲むようにしましょう。

効果があるかは個人差によりますが、食事前に1杯の水を飲むことで食欲が抑えられるときがあります。

食事前に1杯だけ飲むと胃が埋まり満腹感を得られ、食べ過ぎの予防になります。

 

 

次は、水を飲むとどんないい事があるのかを解説していきます。

 

○痩せ体質を作ってくれる

これはダイエットしている人にとっては嬉しい情報ですね。

常温の水を飲むことで、体の内側から体温が上がり代謝が上がります。そして血液の流れも良くなり筋肉へと届き効率よく筋肉量を増やすことができます。

筋肉量も増えると基礎代謝量も増えて痩せやすい体質にしてくれます。

 

○血液の流れをサラサラにしれくれる

血液の流れが悪い時は脂肪など不要なものが血液中に存在していて流れを悪くしているのです。血液は酸素も運んでいるので血流が悪くなると細胞に酸素が行き届かず免疫力が低下してしまいます。

他にも脳や内臓の機能も低下してしまい、便秘から始まり脳梗塞や心筋梗塞も起こしやすくなります。

 

1日に2リットル飲むことでトイレにいく回数が増えるので体に溜まっている老廃物が排泄されて、血液中に余分なものが含まれないのでサラサラとしたきれいな血液になります。

 

○潤いのある肌を保ってくれる

化粧水などで表面から保湿してもなかなか乾燥が改善されないという方は内側から乾燥しているのかもしれません。

水を飲むことで肌の内側の乾燥を防ぎます。また細胞内の老廃物や毒素も排出されて肌の新陳代謝も良くなることで、細胞に新しい栄養がいきわたり新しい細胞へと行き渡りシミやシワなどの悩みも解消されます。

 

 

水は飲んで良いことがあっても悪いことはありません。朝起きたときと食事前はきちんと飲むようにしてのどが渇いたなというときもなるべく水を飲むようにして体の循環を良くすることに心がけましょう。

 

水を飲むことになれたら量を増やしていき1日2キロ飲めるようになりましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です